アニメ編

魔女の宅急便のキャラクター一覧!声優や名言集、画像動画などまとめ

こんにちは!さとみんです!!

本日、金曜ロードショーでジブリのあの名作、「魔女の宅急便」が放送されますね!
子供の頃から何度も見たよ!という方も多いのではないかと思います(^^♪

今回の記事では「魔女の宅急便のキャラクター一覧!声優や名言集、画像動画などまとめ」についてまとめてみました!

さっそく書いていきますね!

魔女の宅急便のキャラクター一覧!主人公キキ

魔女の宅急便に登場する主人公、キキ。(声優 高山みなみ)

13歳になり、魔女になるものの掟である独り立ちの日を迎えた活発な女の子です。
飛ぶことだけが、魔女としての唯一の取り柄。

コリコの街に降り立ち、おソノの店で「魔女の宅急便」を開業、様々な経験を通じて成長していきます。

魔女の宅急便には原作があり、ロングヘアーであったがショートヘアーに変更されています。原作よりも快活さやオテンバな一面を強調するためではないかと言われています。

キキのモデルとして宮崎駿さんがヒントを得たのは、当時ちょうど13歳だった鈴木の娘とされているそうです。

また、キキの髪型については当初原作のイメージを重視しロングヘアーであったが、作画が難しいという事で様々な髪型が試され、最終的にはショートヘアーとなったようです。
(初期イメージボード等では髪を2つに分けていたり、三つ編み等もあったほか金髪もあった)

足の裏をコチョコチョくすぐられるのは非常に弱いようで、牛に足の裏をなめられて大笑いするシーンは印象的ですね(^^♪

魔女の宅急便のキャラクター一覧!ジジ

 

キキの相棒の黒猫。(声優 佐久間レイ)

年齢はキキと同じく13歳。一人称は「ぼく」で少し生意気な性格。喋れる猫というわけではなく、キキが魔法の力でジジと会話をしている。原作によると、魔女の家に女の子が生まれると同じ月日に生まれた猫を探し、大切なパートナーとして共に育てるという風習がある。映画版では後半からキキの魔法の力が弱まって会話が不可能になる(原作では最後まで可能)。映画版終盤では、鳴き声で話すジジにキキが微笑みで返す描写がされているが、明確に会話ができるようになったのかどうかははっきりしていない。後に監督曰く、「(最後にキキの)魔法は更に深くなったんですよ。何か得るものがあるなら失くすものがあるんだよ。いつまでも猫と話してんじゃねぇ、って」と説明している

 

魔女の宅急便のキャラクター一覧!コキリ

 

キキの母親で魔女。(声優 信沢三恵子)

魔女としての力は優れているものの、使える魔法は「空を飛ぶ魔法」と「薬草から薬を作る魔法」しか使えない。これは時代とともに扱える魔法の数が減っているせいであり、キキの代になってさらに1つ魔法が減ってしまうことを嘆いている。劇中で名前を呼ばれる事はなく、自宅前の案内に「魔女にご用の方は ベルを鳴らしてください コキリ」と書かれているのみ。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!オキノ

 

キキの父親。(声優 三浦浩一)

あっさりとした性格。原作では魔女や妖精の研究をする民俗学者。愛娘であるキキを優しく送り出す。「オキノ」は苗字ではなく、名前である。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!トンボ

空に憧れ、飛行クラブに所属する丸メガネの少年。「トンボ」は愛称で、本名はコポリ。(声優 山口勝平)

愛嬌のある性格で、男女問わず町中にたくさんの友達がいる。
キキが空を飛んでいる場面を偶然見かけ、興味深げに声をかける。最初はキキに煙たがられていたが、徐々に親しくなる。彼の所属する飛行クラブは人力飛行機作りを研究している。エンディングでは完成した人力飛行機でキキと共に飛行している。終盤で強風に煽られた飛行船を止めようするも、そのまま飛行船ごと飛ばされてぶら下がり落ちかけたが、キキに救われる。
原作では空飛ぶ絨毯、空飛ぶほうきなど非科学的な手段で空を飛ぶ方法を研究している。原作は平仮名標記で「とんぼ」である。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!おソノさん

キキの居候先のパン屋「グーチョキパン店」の親切なおかみさん。(声優 戸田恵子)

ふとした偶然からキキと出会い、彼女を気に入ってパン屋の離れに住まわせた。登場時は妊娠後期と思われ大きなお腹であり、エンディングでは無事に出産している。映画の製作当時、スタッフの中で「歳の割にはしっかりしているから、昔は色々あったに違いない。もしかしたら暴走族だったのでは?」という話があり、映画のパンフレット等のおソノの紹介欄に「青春時代、それなりにツッパった経験を持つ」などと書かれたものがある。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!フクオ

無口で寡黙だが心優しいパン職人。(声優 山寺宏一)

パン作りを覗き込むジジにウィンクするなどお茶目な部分も持っている。キキのためにマジパンで宅急便の看板を作ってくれた。原作ではフクオという名前がある。劇中の声の出演は極端に少なく、息遣いや呼び掛けの時に発する程度。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!ウルスラ

 

森の中の小屋で絵を描くことに没頭する画家の少女。19歳。(声優 高山みなみ)

宅配中に落としてしまったキキの荷物を見つけたことがきっかけで知り合い、仲良くなった。キキとの出会いのエピソードは原作から採用されているが、映画では落ち込んだキキを元気付けるなど、出番も増えている。
ウルスラという名前は公式設定であるが、劇中では1度も名前で呼ばれておらず、エンディングテロップでも声優の名前のみがクレジットされている。また、原作では「絵描きさん」と呼ばれるだけで本名そのものがない。
ウルスラの描く巨大な油絵として、青森県の八戸市立湊中学校養護学級の共同作品『虹の上をとぶ船 総集編II 星空をペガサスと牛が飛んでいく』が一部加筆の上使われている。

 

魔女の宅急便のキャラクター一覧!ドーラ

キキの母コキリにリウマチに効く魔法の薬を作ってもらう老女。(声優 斉藤昌)コキリを町にやってきたときから知っている。同じジブリ作品の天空の城ラピュタに登場する海賊、ドーラと同一人物ではないか?という説がある。

魔女の宅急便のキャラクター一覧!老婦人


青い屋根の家に住んでいる老年の婦人。(声優 加藤治子)

キキに孫娘宛にニシンのパイを届けてもらえるよう依頼する。飛べなくなって落ち込んでいたキキを励ます為にチョコレートケーキを焼き、「キキという人に届けて欲しい」という遠まわしな言い方でプレゼントするなど心優しい人物。

 

魔女の宅急便のキャラクター一覧!バーサ

老婦人に仕えている使用人の老婆。(声優 関弘子)

ひいお婆さんから魔女について聞かされていた事がある。キキから預かったほうきにこっそり乗ろうとするなど茶目っ気な一面を見せる。冒険が大好き。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では「魔女の宅急便のキャラクター一覧!声優や名言集、画像動画などまとめ」についてまとめてみました!

金曜ロードショーの放送が楽しみですね(^^♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。