エンタメ

【2020】台風15号の進路予想(米軍・気象庁)と最新情報!日本への影響は?

こんにちは!さとみんです!!

いよいよ台風シーズン到来ですね!!

直近の情報だと、台風15号のたまご(リンファ)が発生しています!

台風15号のたまご(リンファ)の進路について、JTWC(米軍台風警戒センター)や気象庁、Windy、の進路予報などから推測してきたいと思います!

日本への影響はいかに?

「【2020】台風15号の進路予想(米軍・気象庁)と最新情報!日本への影響は?」
と題しましてさっそく書いていきますね!!




【2020】台風15号の進路予想(米軍・気象庁)と最新情報!

202010月10日現在、新しく発生した台風の卵。

台風15号ですね。

台風15号の名前は「Linfa(リンファ)」です!

マカオが提案した言葉で「ハス(蓮)」の意味なんだそうです。

今現在の(10月10日)の米軍の発表によると、台風15号のたまごは「熱帯低気圧」に発達しているとのこと。

台風15号のたまごは南シナ海で発生、「台風」または「熱帯低気圧」になる見込みとされていた熱帯擾乱が「熱帯低気圧」となっています。

気象庁からも発表があり、「熱帯低気圧b」とされています。

気象庁の「台風」についての定義は以下の通り。

熱帯低気圧が発達して風速が強まれば「台風」になるとのことです。

 熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 

日本や米国などが加盟する「台風委員会」という組織があり、その中で用意された140個のうちの77番目の台風名なんだそうです。

もし台風に発達しなくても、熱帯低気圧であれば大雨になる可能性もあります。

今後が気になりますね・・・。

ではさっそく、台風15号(リンファ)の米軍や気象庁の進路予想図についてみていきましょう!!




米軍台風警報センター(JTWC)の台風15号(リンファ)の進路予想

米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図によると、10月7日14時30分時点で、台風のたまごが発生しているのが分かります

米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図では、台風の卵や熱帯低気圧の発生を素早く捉え、その発達具合を色別に教えてくれます。

10月7日の時点で、黄色い丸で囲まれた「91W」があります。

10月10日の時点では、こちらの黄色い丸が赤い矢印の表示で「TD17W=熱帯低気圧」と変化していますね。

この熱帯低気圧が台風15号になるかどうかは、風速で決定されます。

10月10日の時点では「TD=tropical depression(熱帯低気圧)」ですね。

「TS=Tropical Storm」に変わると台風に変化したとの意味です。

(赤い文字で「TS16W」と記載のあるものは、台風14号になります。)

こちらは、米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図(10月10日12時00分)のものです。

「10/0300Z」との記載は10月10日3時00分という意味です。

アメリカの時間になるので、これに9時間をプラスして「10月10日12時00分」時点の位置情報になります。

台風15号(リンファ)のたまごはベトナム方面へ向かう予報となっています。

日本には来ないといいのですが・・・。

続いて、気象庁の予報をみていきましょう!




気象庁の台風15号(リンファ)の進路予想

日本の気象庁ではまだ「台風15号」の発表はありません。

ですが、米軍が示した台風15号(リンファ)のたまごを「熱帯低気圧b」としています。

台風になるのかは未知数ですが、米軍JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風進路予想図と同じくベトナム方面へ進むであろう予報です

気象庁 10月7日21時50分発表

 

台風15号(リンファ)のたまごがもし、台風にならなかったとして「熱帯低気圧」でも日本に影響があるようであれば予報される場合があります。

台風15号(リンファ)のたまごの、動向に注目ですね!!

同じく気象庁の予報である、「アジア太平洋域の天気図」を見てみましょう。

この画像は10月10日の天気図です。

左下の南シナ海に「TD」の印があります。

気象庁 10月10日21時の天気図

「TD=熱帯低気圧」ですね。

今後は台風となるのか?要注意ですね・・・。

台風は地球の自転の影響で北から北西へ向かう性質を持っています。

日本へ向かってくる可能性も無きにしも非ずですが、今のところは熱帯低気圧はベトナム方面へと進みそうですね。

台風のたまごが出来る条件として、「海面水温」が大きく作用します。

日本での海面水温は9月はじめより温度が下がりました。

ですが、日本の南の方角ではまだ30度を超える所がたくさんあり、南シナ海で台風が発生する可能性があります!

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では
「【2020】台風15号の進路予想(米軍・気象庁)と最新情報!日本への影響は?」
についてまとめてみました!!

台風シーズンはまだまだ続きます・・・。

今年は被害が出ないといいなと心から祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!