イベント情報編

子連れで楽しむフルーツ狩り!栃木のおすすめスポットと持ち物は?

こんにちは!さとみんです!!

夏の暑さも少しづつ和らいできましたね(^^)
さとみんは非常に暑がりなので、まだまだ暑いのですが(笑)

だんだん秋の気配が濃くなってくると、美味しいものの話題が気になります!

今回の記事は、「子連れで楽しむフルーツ狩り!栃木のおすすめスポットと持ち物は?」です!それでは、ご紹介していきますね(^^♪

子連れでもフルーツ狩りは楽しめる?気を付けるべきことは?

子連れでもフルーツ狩りって楽しめるの?気になるところですよね!!

基本的には、フルーツが食べられるなら何歳でもOK!

ですが、農園によって設備が違うので前もって調べてから行くのがおすすめです!
おむつ交換台があるところや、雨でもドーム式で大丈夫なところなど色々な所があるので
快適な農園を見つけてみて下さいね(^_-)-☆

栃木のおすすめスポットは?

それでは実際に、栃木のおすすめの農園を見ていきましょう!!

涼藤園

住所
〒329-4405
栃木県栃木市大平町西山田1448

お問い合わせ可能時間
9:00~18:00

定休日
シーズン中無休 8月上旬~10月上旬 ※悪天候により臨時休園有り

○バリアフリー対応農園なので車椅子の方もぶどう狩り出来ます。
○入園料無料、取った分だけの量り売り!
○8月上旬~9月末まで様々な品種をご用意しています。

入園料が無料!とった分だけ量り売りして頂けるのは、無駄がなくてありがたいですね!
念のため、問い合わせ、予約等してからぶどう狩りに向かいましょう!

荒牧りんご園

住所
〒321-2103
栃木県宇都宮市石那田町416

お問い合わせ可能時間
8:30~17:30

定休日
年中無休

〇宇都宮市北部、世界遺産・日光への主要道日光街道に面し、昭和23年秋、りんご栽培を始め、60年余の歳月を経て今日に至っております。
お客様から「おいしい!」と、お声をいただくため、年間を通し日夜りんご栽培の研究に励み、現在、約20数種類の品種を栽培。太陽の光がりんごの一つ一つまで行き渡り、甘く美味しいりんごを育てるため、スレンダースピンドル方式(細型紡錘形)が大半を占め、普通栽培樹約150本、矮栽培樹約2,000本を栽培し関東随一の経営規模を誇ります。
収穫シーズンには全国各地より数多くのお客様にお越しいただき、りんご狩り・直売を楽しんでいただいております。

こちらの農園は、リンゴ狩りが出来ます。入園料無料で量り売りでおいしいリンゴ狩りが
できますよ( *´艸`)念のため、問い合わせ、予約等してからりんご狩りに向かいましょう!

フルーツ狩りでの持ち物、服装は?

いざ、予約を取ってフルーツ狩り!!せっかく農園に行ったのに、忘れ物をしたりこれが
あったほうが便利だったななんて後悔しないように、荷物リストをまとめてみました!

子連れだとなおさら、準備はしっかりして楽しいフルーツ狩りにしましょう(^^♪

  • 虫除け
  • 虫刺されの薬
  • ウェットティッシュ・おしぼり
  • タオル
  • ビニール袋
  • レジャーシート
  • 飲み物
  • 雨合羽
  • 長ぐつ

服装は、暑くても長袖、パンツスタイルがおすすめです。長袖を着ていなくても、羽織を何かしら持っていくことをおススメします。

甘い果実は虫たちも大好物です。農園=虫はつきもの!長袖と虫よけで完全防備で農園に
向かいましょう!!

出来れば、汚れてもいいような服装か、着替えをもって行ってくださいね(^^)
その場でもぎたてのフルーツを食べられるのがフルーツ狩りの魅力ですが、必ず
服が汚れます!

靴はスニーカーがおすすめです。農園はもちろん、土の上を歩きます。ヒールがある靴を
履いていくと土に埋もれてしまいますので、要注意!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、「子連れで楽しむフルーツ狩り!栃木のおすすめスポットと持ち物は?」
についてまとめてみました!

毎年恒例、味覚の秋!家族で楽しみたいですよね( *´艸`)もぎたてのフルーツを、その場でほおばるのは旬の贅沢です!!

是非、2019年の秋も家族で美味しいフルーツを食べつくして下さいね(^_-)-☆