お洗濯

「作業場所、収納場所」がポイントに!お洗濯時短の心得とは

こんにちは!さとみんです!!

この記事では、ちょっとでもサボると大変なことになってしまう「お洗濯」について書いていきたいと思います!

りすちゃん
りすちゃん
ちょっとでもサボろうものなら、恐ろしい量になるのよね・・・家族が多いとほんと、大変なのよ~
インコちゃん
インコちゃん
たしかにね、特にお天気が悪かったりするとどうにもならないね~

そう、ちょっとでも「明日でいいか~」なんてサボろうものなら大変な量と格闘することになってしまうお洗濯・・・ですが、働くママにとって毎日のお洗濯は本当に負担になってしまいますね”(-“”-)”そこに、お天気が悪くなってしまうと特に困ってしまいます・・。

梅雨、台風、・・・まさしく天敵です!!お子さんがいると、何かしらお洗濯ものって出てきますしね(´;ω;`)

この記事では、単純作業のお洗濯をどのように時短化していくか、実体験に基づいてご紹介していきますね!!

作業場所を変えることで変わる!お洗濯も時短化!

「洗う干すしまう」の単純作業のお洗濯に、時短なんて無理なんじゃ?と思いますよね!私も、実際そう思っていました。・・・が、子供が1歳近くなり、今の職場に仕事復帰してから、そうも言っていられなくなりました( ;∀;)

「何とかお洗濯も時短できないかな・・・」

すがる思いで何ができるか考え、我が家では次のことを実践しました!1つ目は、洗濯物を干すスペースを増やす事です!!

我が家は、よくある建売住宅です。家族四人で住むにはちょっとだけ、小さいかな?くらいの本当によくその辺に立っているふっつ~の建売です。(お話が参考になるかは、おうちの作りや装備にもよるかなとは思うのですが)

2階建ての建売ですので、洗濯物を干すスペースは2階ベランダのみでした。梅雨や雨の日は、浴室乾燥機にお世話になっていました。が、これが便利だけれど結構電気代がかさむ・・・( ;∀;)これではせっかくお仕事しているのに本末転倒!!何とかしなければと思いこちらを1階の窓に設置しました!

突っ張り式物干しざおです。しかも、収納時はカーテンに隠れて見えなくなるスグレモノです(^^)

我が家では、部屋の間取りの関係でこちらを設置しましたが、この手のタイプの商品は色々なものがありますよね!こちらを設置したおかげで、我が家では夜に洗濯機を回し、そのまま部屋干しするということが出来るようになりました!これで洗濯籠をもって2階に上がる、サンダルを履いてベランダに出る、この2つの動作が無くなります。これだけでも、年間で考えるとかなりの時短です!!

朝は家族の朝ごはんに、保育園登園の準備、お弁当作りに自分の出勤の準備・・・とっても忙しいですよね!出来ることは前の日のうちに済ますことで我が家は、お洗濯も時短するこが出来ています。梅雨や雨の日、花粉もこれで怖くありません(^^)電気代も節約できます!

収納場所が関係する?動線の見直しで時短を

お洗濯時短の為に、我が家で実施したこと2つ目は、収納場所の変更です!

洗濯物をしまうのも、なかなか骨の折れる作業ですよね・・・。ですが、次に着るものを出すときに、きちんとあるべき場所にあるべきものがしまってないと困ります。洗濯物を取り込んでから、洗濯籠の中に入れっぱなしにしてしまうとシワになりますし、そこから着たいものを探すのでは時間も掛かってしまいます。

「どうしたら時短出来て尚且つ洗濯物の収納が楽にできるのか」

そう考え、お洗濯をする一連の流れの動線を見直してみました。我が家は、二階がそれぞれの部屋兼寝室という作りです。子供が産まれる時に、キャスター付きのラックを購入し子供のお洋服はそこへ収納、私たち夫婦のお洋服は二階の寝室横のクローゼットに収納していました。思い切って、収納場所を分担し大幅に変更!

●子供のお洋服→一階リビングのスペースに専用のタンスを設置

●夫婦のお洋服→お洋服そのままに、下着、ルームウェア類を一階バスルームの収納へ移動

夫婦のお洋服収納を「畳む」→引っかけるへ変更

我が家では、これを実践したことにより「しまう」の作業が大幅に時短されました!

今までは、2階で洗濯物を取り込む→1階の物と分担→畳んでそれぞれにしまうという流れでしたが、1階で乾いた洗濯物を取り込む、そのまましまう→二階の夫婦のクローゼットにしまう分だけ分ける(ハンガーごとクローゼットへ引っかける)になりました。寝る前、2階の寝室に行く時に夫婦のお洋服は運ぶようにしているので、更に時短になります!「ついでに」ですね(^^♪

また、下着類をバスルームへ移動することによって、洗濯籠を脱衣所に戻すついでに下着を収納出来るようになりました。収納の仕方も、きちんと畳むというよりはざっくり丸めてそれぞれのかごへポイ!というようなやり方に変更しました。全体的にかなりの時短になりましたし、お風呂に入る時も出たらそこに着替えがそろっている状態なのでとても楽になりました!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろん、それぞれのお家の間取り、設備等ありますからすべてが当てはまるわけではありませんが、作業場所や動線を見直すことによって、お洗濯も時短化出来るようになると思います!!

私の家では、つっぱりタイプの洗濯物干しを導入しましたが、他にも天井から吊り下げるタイプや、エアコンに引っ掛けるタイプなどたくさんの便利な道具があります。100均だとドアの鴨居の部分に引っ掛けて使える物なんかもありますよ!家の至る部分が、洗濯物を干せる場所になるんですから凄いですよね!!

実際、我が家はこの二つを実践したことで、かなりの時短に成功しました大がかりな作業になりましたが実践して良かったと思います!!

是非、参考にしてみて下さいね!!