お掃除編

ヒロアカ志賀丸太炎上の理由は何?731人体実験詳細と海外の反応

こんにちは!さとみんです!!

週刊少年ジャンプの人気漫画、「僕のヒーローアカデミア」は映画化もされて
有名な作品ですよね(^^)さとみんも読んでいます!

国内や、海外からも人気のある「僕のヒーローアカデミア」があるネタで
炎上していることはご存知でしょうか?

作中に登場するキャラクターの「志賀丸太」がある事件を連想させると
クレームが殺到しているとのことなのです。

今回の記事では「ヒロアカ志賀丸太炎上の理由は何?731人体実験詳細と海外の反応」
についてまとめてみました!

さっそく書いていきますね!

ヒロアカ志賀丸太炎上の理由は?

漫画、「僕のヒーローアカデミア」が今回、炎上してしまった理由は、登場人物である
「志賀丸太」の名前が「過去の事件を想起させる、731部隊連想させる」という指摘が多数寄せられたからです。

2/3、作者である堀越耕平氏はジャンプ編集部を等して声明を発表、コミックス収録時には「志賀丸太」の名前を変更することとなりました。

登場キャラの名前を変更することには、賛否両論があります。
丸太にそのような意味があることも「知らなかった」という意見がとても多い
のも事実です。さとみんも、この記事を書くまでは知りませんでした。

作者の堀越耕平さんに悪意がなかったとしても、国内や海外の多くの方に読んでいただいている作品なので、この対応は間違いではないと思います。

731人体実験とは?韓国人が怒りをあらわにする理由

怒りをあらわにしているのは、韓国人の方が多いのですがなぜこの名前で怒っている
のか分からない方も多いかと思います。

理由は、第二次世界大戦中に旧日本軍・731部隊が性別、年齢層、人種を超えた、幅広い実験データを必要として秘密裏の人体実験を行っていて対象者を「マルタ(丸太)」と
呼んでいたことです。
被験者には、主にスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、
モンゴル人、アメリカ人、ロシア人、
女性や子供も含まれていて3000人の方が犠牲に
なりました。

海外では、そのようなことを連想させるものだとして怒りをあらわにしているのです。

私たち日本人は、歴史では学んでいない事実ですよね・・・。

韓国人の方は「マルタ(丸太)」はみんな知っている言葉なようで、マルタ=731部隊
となってしまうようです。

私たち日本人は、歴史では学んでいないので「丸太」というとどうしても
木材のことを連想してしまいますね・・・。

登場する悪役である「志賀丸太」も職業がドクターで、人体実験をしている描写が
あります。で、名前が「丸太」ですから、海外からはそう思われても仕方がなかったのかもしれませんね・・・。

志賀丸太の名前の由来は?

では、作者である堀越耕平氏はなぜなぜ「志賀丸太」いう名前をつけたのでしょうか?
由来などあるのでしょうか?

調べてみましたが、詳しいことは公表されていないようです。

ただ、作者である堀越耕平さんに悪意があったわけではないようです。

幅広い知識が描くのには必要な漫画家さんですが、神羅万象すべての歴史を知っているわけではありません。名前を変更する対応を取ったことで、「僕のヒーローアカデミア」が
今まで通り連載出来るように皆さんが応援してくれることを切に願います。

海外の反応

Twitterなどでの海外の反応をまとめてみました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?」

今回の記事では「ヒロアカ志賀丸太炎上の理由は何?731人体実験詳細と海外の反応」
についてまとめてみました!

さとみんは、この記事をまとめてみて日本人に教えられていない歴史があるのは
恥ずかしいことだなと思います。ですが、日本だけではなく戦争でどのような事実が
過去にあったのかもっともっと詳しく勉強できる環境が出来ればと思います。

たまたま、「僕のヒーローアカデミア」という有名な日本の漫画でこの事実が
浮かび上がってきて知った日本人は多いと思います。もちろん、過去にしてしまった
犯罪は恥じるべき行為ですし、学ばなければならないと思います。
ですが、一番大事なのはこの世界の皆さんがそれを繰り返さないことです。

色々考えさせられる出来事ですね・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!