お掃除編

ささいなコツで時短で綺麗にできる!驚きのお掃除テクニックを紹介

こんにちは!さとみんです!

この記事では、主婦の毎日の天敵・・・お掃除について書いていきたいと思います!

お掃除って、まめにやっているつもりでも『あれ?!もう汚れてる・・・』なんてこと日常茶飯事ですよね。特に、小さなお子さんがいるご家庭は部屋の中をきれいに保つことが本当に難しいと思います!

りすちゃん
りすちゃん
昨日、完璧にお掃除したのよ♪
インコちゃん
インコちゃん
えっ・・・部屋、汚いんだけど

上記のようなやりとりを、主人としょっちゅうしているさとみんです。我が家も、3歳と0歳の姉妹がいるのでよーく分かります・・・。

子供って、大人が考え付かないような遊び方をしたりしますよね。例えば、床にこぼれたご飯粒をつぶしてみたり・・・紙を用意してあるのになぜかテーブルのほうにペンで落書きをしたり・・・親の考えの斜め上を行く遊び方をするのが、子供のお仕事なのかなと最近思ったりします(笑)

今回は我が家での実体験も含めて、時短でお掃除をするにはどうすればいいのかお話ししていきたいと思います。

子供がいてもお部屋を綺麗に保つ時短掃除テクニック

子供がいたってきれいな部屋で気持ちよく過ごしたい!!

とても難しい課題ですが、誰でも思うことですよね!自分たちが過ごす部屋はお子さんが過ごす部屋でもあります。毎日、綺麗に保てたらどんなにいいか・・・。

こちらが、どんなに涙ぐましい努力で掃除機をかけ、おもちゃを片付け、雑巾がけをして、お掃除完璧!!と思っても一時間後にはもう・・・なんてこと、小さなお子さんがいると子供あるあるですよね。

『えっ!お子さんがいる部屋に見えない!!綺麗にしてるんだね(^^)』

そんな風に見えるお部屋に少しでも長い時間保つにはどのようにお掃除を心掛けたらいいのでしょうか?

一つ目に、我が家が綺麗を保つ為に心掛けていることは『後回しにしないこと』です!

お掃除全般で言えるのが、後回しにして溜めてしまうと悪いことづくめになってしまうことです。どんな汚れもそうですが、後回しにして時間がたってしまうことで落ちにくくなってしまいます!例えば、絨毯などのこぼれシミなどはますます落ちにくくなりますし、床のホコリも溜めてしまうと掃除機が詰まってしまって、結局掃除機を掃除する羽目になんてことになりかねません!これでは本末転倒ですよね。

後回しにせずに、その時にこまめにお掃除することで汚れともすぐにサヨナラできますよ!

こまめな掃除と場所決めでお掃除が時短になる方法

お掃除って、毎日のお料理に比べたら優先順位って低くなりがちですよね。毎日、フルタイムで働いているママさんならなおさらだと思います。

『毎日のお料理もあるのに、そこでさらにお掃除もなんてできない!!』そう思いがちなのですが・・・。私自身も、毎日フルタイムで働くママなのでそう思っていました。実際、お掃除は週末にまとめてやることが多かったです。まとめてやるのも結構な重労働なんですよね。

『なんとか週末にもう少し家事を楽にできないだろうか・・・子供との時間も自分の時間も取りたいし・・・』

思ったらまずは何か行動を!我が家では時短家事のため、一つ目のルール以外にこんな3つの時短お掃除ルールを決めています!

 

1 物にはお家を作ってあげよう!

2 自分の物は自分で!

3 1日15分!お掃除の時間を!

 

1番の、物にはお家を作ってあげようは私が子供たちとパパにお願いしていることです。

我が家ではおもちゃや本を大きなかごにごっそりと入れて、使わないときは部屋の収納の中に押し込んでいたのですが・・・かごにポイポイ放り込むのは簡単なのですが、扱いも乱雑になってしまっていました。出すときも全部出さないと欲しいものが取り出せない・・散らかってしまう原因にもなりますよね。

もっと子供たちに、物を大切にすることを学んでほしかったのと、お片付けを簡単にし、物を出しやすくするために、我が家では扉付きのカラーボックスを活用しています。

扉6個分がおもちゃ収納なのですが、ざっくりと何がどこに入っているのか決まっています!例えば左下が本、左隣がぬいぐるみ・・などです。

この収納の仕方に変えてからは、子供たちも片づけがしやすくなったのと、どこに何があるか分かるようになったので、おもちゃで遊んでも必要以上に散らかることがなくなりました!ぬいぐるみや本などは丁寧にしまってくれるようにもなりました。このやり方は、パパの私物やキッチンなどでも役立っています。

 

2番の、自分の物は自分で!は一見当たり前のように聞こえるんですが・・・

子供がいるとつい親は手を出してしまうんですよね・・・。片付けや朝の着換え、保育園の準備などついついやってあげがちです。

我が家では、3歳になった娘にはなるべく自分のことは自分でやってみようねと話をしています。子供はママやパパの真似をするのが大好きですよね。私がお掃除やお片付けをしているときは『ママもお片付けするから〇〇も使ったおもちゃのお片付けしてくれる?』と声かけしています。

これ、お掃除はもちろん、お料理などの時も本当に時短に繋がると思います!一緒に同じことをすることで子供たちもママの真似をしておもちゃが片付くし、こちらも部屋の中の片づけができます。リビングだけならこれだけでも十分片付きますし、プラスアルファで掃除機もかけれちゃいますよ!

パパにも、自分のことでできそうなことはなるべくしてもらっています。お掃除で言うとトイレに入った後に汚れがあったら自分で綺麗にしてもらう・・・などですね。その時に、自分がしたことは自分でしてもらうことによって他のところで時間が生まれるのです。

 

3番の、1日15分、お掃除の時間を!は、その名の通り、家に帰ってきてからの15分間をお掃除に充てるということです。

例えば我が家でいえば、ご飯を食べる時間の前の5分間で必ず子供たちは使っていたおもちゃのお片付けを、私は汚れたなと思った床の部分にのみ、掃除機をかけるようにしています。

掃除機は『そこだけやるなら全部かけたほうがきれいになるんじゃないの?』と思うかもしれませんが、そうなっちゃうとその時はおっくうになってしまって出来なくなってしまいます。私もそうでした。家の中全部って思うと大変ですし、時間もかかるので後回しにしがちですよね。

ですが、リビングの汚れた一部分だけ!って思うとやってもいいかなって思いませんか?我が家では、毎日のお料理の後のシンクのお掃除なども、汚れた部分だけその日に必ずお掃除しちゃいます!トータルで15分のお掃除ですね!もちろん、家族にも協力してもらっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時短お掃除ルール、参考になりましたか?

我が家では、この3つのルールを決めてから、お掃除がかなり時短出来るようになりました!本格的なお掃除は週末にやるようにしても、普段から綺麗な状態ならそこまでの週末のお掃除は必要なくなります。私はこれでかなり時間に余裕が生まれました!

私はその分の時間を、子供たちと遊んだり、家族のお洋服をミシンで縫ったり・・・いろいろなことに充てています。お掃除の時間が短くなって、更に自分の心にも余裕ができる!!そんな風にできたら素敵ですよね!!

是非、参考にしてみてくださいね(^^)/