女優・女性タレント

竹内結子が自殺?理由や考えられる原因は?産後うつだったとの情報も

こんにちは!さとみんです!!

女優の竹内結子さんが自殺したとの速報がニュースで流れ、話題になっています!

さとみんも好きな女優さんだったので物凄くショックです・・・。

なぜ?原因や理由は一体何なのでしょうか?

今回の記事では「竹内結子が自殺?理由や考えられる原因は?産後うつだったとの情報も」
と題しましてまとめていきたいと思います。

竹内結子が自殺?

最近の芸能界では、俳優の三浦春馬さんが亡くなり衝撃が走りました。

今回は女優で超有名な竹内結子さんが自殺・・・。

本当に誰もが知っている方だと思うので、ショックが大きいです・・・。

速報が流れた時、一瞬見間違ったのかと思って検索してしまいました。

自殺した可能性が高いとニュースになっている竹内結子さん。

自殺した理由や原因は一体何なのでしょうか?




竹内結子自殺の理由、原因は?

竹内結子さんの自殺の理由や原因は一体何なのでしょうか?

竹内さんは中林大樹さんと再婚され、2020年2月にお子さんを出産されています。

2月1日、女優の竹内結子(39)が第2子となる次男を1月下旬に出産したと報じられた。

各メディアによると竹内はすでに退院しており、新しい家族の誕生を喜んでいるという。今後は育児に専念しながら、状況を見て芸能活動を再開するとのこと。また5月1日には、竹内の出演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開される。

竹内といえば、昨年2月に同じ所属事務所の後輩である中林大樹(35)と再婚した。同年8月には、第2子の妊娠が判明。また、竹内には前夫との間に生まれた14歳の長男もいる。

「竹内さんは中林さんと再婚するにあたり、『息子が背中押してくれた』と語っていました。中林さんは竹内さんの長男ともかなりの仲良し。家族が増えたことで、さらに一家の団結力は高まるでしょう。また中林さんは家事も率先して手伝うので、竹内さんも安心して仕事を続けられるでしょう」(芸能関係者)

引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1826659/

離婚した元旦那、中村獅童との間に出来た長男。

出産した次男。

中林大樹さんの4人で円満な家庭を築いていたのではなかったのでしょうか・・・。

竹内結子さんは、ご出産されたばかりで乳幼児の面倒を見ながら生活していました。

おそらく産後うつだったのでは?と言われています。

産後のママの体は妊娠前の状態に戻ろうとするためにホルモンバランスが変化し、心身ともに不安定な状態になっています。日本産科婦人科学会によると、産後3~5日頃から涙もろくなったり、自信がなくなったりする「マタニティーブルーズ症候群」の症状が見られるママが多くいます。

一般的に、マタニティーブルーズ症候群は数週間で治まります。しかし、育児疲れや周囲のサポートを得られないことへの孤独感、家事と子育てを両立できないことへの罪悪感などが加わると産後うつを発症し、その割合は産後の女性の5~10%と考えられています。

産後うつになる時期や長さには個人差があります。発症時期は産後2~4週間頃が多く、環境によっては産後1~3ヶ月が過ぎてから症状が出る人も。また、重症化すると治まるまでに1年以上かかることもあるため、治療のためになるべく早く医師の診断を受けることが大切です。

引用元:https://192abc.com/10016

産後うつは、出産した女性の5~10%がなると言われています。

その中の何割かの方は、自殺という形で命を落とすのです。

しっかりやらなきゃ、いい母親にならなきゃ、と頑張りすぎる人がなりやすい傾向にあるそうです。

竹内結子さんも、女優という大変なお仕事をされていました。

自己管理が徹底的に出来ないと継続が難しいお仕事なのではと思います。

思いつめるところがあったのでしょうか・・・。




竹内結子の経歴

●名前:竹内結子(たけうちゆうこ)
● 生年月日:1980年4月1日(40歳没)
● 出身地:埼玉県浦和市(現・さいたま市南区)
● 血液型:A型
● 身長:164㎝
● 職業:女優
●ジャンル:テレビドラマ、映画
● 活動期間:1996年 – 2020年
●配偶者:中村獅童(2005年 – 2008年)、中林大樹(2019年 – 2020年)
● 事務所:スターダストプロモーション




まとめ

今回の記事では「竹内結子が自殺?理由や考えられる原因は?産後うつだったとの情報も」
をまとめました。

好きな女優さんだったので本当にショックです・・・。

残されたご家族のことが心配です。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。